menu

第7回 世界ラーメンサミット

2010年4月20日(火) ~4月21日(水)

概要

EARTH FOOD: Making It Happen
地球食:実現させよう。

日時 2010年4月20日(火) ~4月21日(水)
会場 Mandarin Oriental Kuala Lumpur Convention Centre
ホストカンパニー Nestlé Products Sdn. Bhd.

2010年4月20日(火) 、21日(水) の両日、マレーシアのクアラルンプールにおいて第7回 世界ラーメンサミットが開催されました。今回は、18カ国 / 地域から47社のインスタントラーメンメーカーをはじめとして、約300名が参加。「EARTH FOOD:Making It Happen」(地球食:実現させよう。) をテーマとして、食の基本に立ち戻り、インスタントラーメンの5つの原則 (1.美味しく栄養がある、2.簡便である、3.安全で衛生的、4.長期保存が可能、5.手ごろな価格) を再確認すると同時に、インスタントラーメンを「地球食」へ向上させるための行動内容について討議しました。


プログラム

1日目
  • 理事会
  • 総会
    議長交代
    特別報告
    マーケットレポート
    CFフェスティバル
    クアラルンプール宣言
2日目
  • フォーラム
    レクチャー1 「Earth Foodとしてのインスタントラーメン、食糧危機への答え」
    WINA会長・日清食品ホールディングス CEO Mr. Koki Ando (安藤宏基)

    レクチャー2 「栄養は新たな次元へ-インスタントラーメンでヘルシーな食事をつくるー」
    マレーシア国立心臓研究所 主席栄養士 Ms. Mary Easaw-John

    レクチャー3 「食を考える」
    広告会社パブリシス・マレーシア CEO Mr. Dean Bramham

    レクチャー4 「インスタントラーメン業界の持続的成長のためのさらなる協働」
    中国産業情報技術省 副大臣 Ms. Zhang Li

    レクチャー5 「食品サプライチェーンへの持続可能な取り組み」
    ネスレマレーシア Group Demand & Supply Planning Manager Mr. Salim Ramli

    クアラルンプール宣言発表
  • 共同記者会見

開催報告

理事会

サミット初日 (4月20日) は世界の主要インスタントラーメンメーカーのトップが一同に会する理事会からスタートしました。理事会はWINAの意思決定機関です。 会議では、会則に災害食品救援基金と食品安全研究基金の活動を明記することを決議されました。また、食の安全を確保するために食品安全研究基金を積極的に活用し、WINA会員各社のインスタントラーメンの成分検査を強化する提案がなされました。

総会

理事会に続いて、正会員 (インスタントラーメンメーカー) が集合しての総会がありました。世界18カ国 / 地域から47団体の代表者、約140名が出席しました。アフリカからモーリシャスの会社が入会するなど、インスタントラーメンの更なる地理的広がりを印象づけました。インスタントラーメンを真の“地球食”とする為になすべきことが、食の安全、健康・栄養、地球環境など様々な観点から討議されました。 ネスレ (マレーシア) のPeter Vogt社長からの歓迎の辞に続き、安藤宏基WINA会長から開会挨拶がありました。ここ2年間でのインスタントラーメン世界市場を取り巻く様々な事象、食品に問われる安全性、環境問題について総括がされました。2009年の世界総需要にも言及され、インスタントラーメン消費量は915.4億食 (前年度より1.5億食増) と発表されました。

新議長:

ネスレ (マレーシア) のイザム・モハメッド氏がこの日から向こう2年間WINAの議長 (Director General) を務めることがアナウンスされました。イザム・モハメッド氏の指示のもと、WINA事務局から活動報告、会計報告がありました。

特別報告:

日清食品ホールディングスの山田CQOが食品の安全性と環境問題「カーボン・フットプリント」について特別報告をしました。食品中に含まれる化学物質の安全性指標 (ADI・TDI・MOE) につき解説がありました

マーケット・レポート:

その後は、恒例のマーケット・レポート。理事会社がそれぞれの国の市場現況について報告しました。また今回のテーマに則し、“インスタントラーメンをEARTH FOODにする為”の各社の取組みも紹介されました。それぞれ独自の消費者啓蒙策やCSR等を紹介していました。

CFフェスティバル:

恒例のCFフェスティバルでは、世界各社から選出されたCF17作品が上映されました。

クアラルンプール宣言:

KL宣言が採択されました。

次回ホスト企業の発表:

最後に、安藤WINA会長とイザム・モハメッド議長から次回のホストとして、中国のTingyi (康師傅) が発表されました。TingyiのCOOロバート・リウ氏が2012年に天津でサミットを開く旨の力強いスピーチがありました。

ウェルカム・ディナー

会議場に近接するシアターレストラン (サロマ) に場所を移し、民族舞踊を楽しみながらのディナーとなりました。マレーシアは多民族国家だけあって、多彩な衣装とダンスがお目見えしました。

フォーラム

2日目は、インスタントラーメンメーカー以外に賛助会員、招待客、メディア等々も出席してのシンポジウムです。300人ほどの聴衆にむけ、計5人の講師がそれぞれの視点からインスタントラーメンが地球食になるため提言をしました。

展示ブース

フォーラムの会場となった国際会議場 (KLCC) では、各社の展示ブースが並びました。 新規性ある商品が競い合うように展示されました。

共同記者会見

サミットの最後に理事が揃って共同記者会見に出席し、サミットの総括、インスタントラーメン業界の決意を世界に向け発信しました。

ガラディナー

マレーシアの通商・消費者大臣を迎えてガラディナーには300人ほどが出席しました。前日のCFフェスティバルの入賞作品が発表されました。 ジョン・海山・ネプチューンやLewis Pragasamなど著名なアーティストがサミットのエンディングに華を添えました。


ページトップへ