menu

第6回 世界ラーメンサミット

2008年4月8日(火) ~10日(木)

概要

Serving Excellence - Serving Happiness
世界に、確かなおいしさを。未来に、確かなよろこびを。

日時 2008年4月8日(火) ~4月10日(木)
会場 ザ・リッツ・カールトン大阪
ホストカンパニー 日清食品株式会社
テーマ 「50年後の未来にインスタントラーメンはどうあるべきか。」

2008年4月8日(火) 、9日(水) の両日、インスタントラーメン誕生の地である大阪において第6回 世界ラーメンサミット大阪が開催されました。 発明50周年に当たる今回は、21カ国 / 地域のインスタントラーメンメーカーなどWINA会員企業約100社・400名が参加。「50年後の未来にインスタントラーメンはどうあるべきか」をテーマとして、緊急の課題である地球温暖化、人口増加、小麦・大豆・パーム油等の穀物原料価格の高騰など一連のリンクした問題のほか、「食の安全性」を取り上げ討議しました。


プログラム

1日目
  • 理事会
  • 総会
    議長交代
    事務局報告
    特別報告 日清食品ホールディングス 食品安全研究所 所長 山田敏広
    マーケットレポート
    CFフェスティバル
2日目
  • フォーラム
    基調講演1 「地球温暖化、バイオ燃料、そしてこれからの食糧供給」
    米国・アイオワ州立大学教授 Prof. Bruce A. Babcock

    基調講演2 「世界食糧事情と日本の農業」
    伊藤忠商事株式会社 取締役会長 Mr. Uichiro Niwa (丹羽宇一郎)

    講演1 「中国インスタントラーメンの回顧と未来の発展」
    中国農業省 農業産業局 局長 Mr. Liangui Huang (黄連貴)

    講演2 「食の安全性に関する情報発信、管理、および評価」
    オランダ・ワニンゲン大学教授Prof. Lynn Frewer

    大阪宣言
  • 共同記者会見

開催報告

理事会

世界の主要10社のトップが一同に会す理事会では、2007年の世界総需要、被災者支援や食品の安全性確保などについて活発な意見が交わされました。WINA (当時IRMA) の初代会長でもあった故安藤百福の遺産の一部を使った「災害食料救援基金」の設立や、「食品安全研究基金」の設立などを決定しました。

総会

総会には正会員も加わり、100名あまりが出席しました。前議長の李相潤は、安藤百福が1958年にここ大阪でインスタントラーメンを開発してから50年目の記念の年であり、IRMAからWINAに移行して最初のサミットである今回は特記すべき大会であるとの指摘があり、これまでの半世紀に大きく成長したインスタントラーメン業界は、次の50年は質的な成長をすべきであるとの挨拶がありました。新議長である安藤宏基は、出席者に歓迎の意を表すと共に、食の安全はインスタントラーメン業界共通の課題である、とWINAの意義を改めて強調しました。総会では「食の安全」に関する特別報告が行われたほか、世界11の国と地域の代表者によって、それぞれのインスタントラーメン市場の近況や課題についての報告、CFフェスティバルが行われました。

安藤百福翁像除幕式

インスタントラーメン誕生の地池田市にあるインスタントラーメン発明記念館にて、インスタントラーメン発明者である故安藤百福の銅像の除幕式がありました。中曽根元内閣総理大臣はじめ多数の来賓が参列される中、でのお披露目となりました。

展示ブース

展示ブースでは、会員各社が趣向を凝らした演出で、自社の商品をアピールしていました。来場客は馴染みのない世界各国のインスタントラーメンを興味深そうに見ていました。

フォーラム

フォーラムには、WINA会員各社に加え、賛助会員や招待客ら約400名が参加。小泉純一郎元内閣総理大臣をはじめとした多数の来賓もお迎えしました。講演では、アイオワ大学のブルース A.バブコック教授、伊藤忠商事・丹羽宇一郎会長、中国農業省の黄連貴局長、オランダ・ワーニンゲン大学のリン・フリューワー教授といった各界を代表する論客が登壇。インスタントラーメン産業が直面している様々な問題をテーマとした講演には、多くの出席者が熱心に耳を傾けていました。

大阪宣言

インスタントラーメンの更なる価値向上と、平和産業として地球上すべての人々に貢献すべく、2つの基金 (災害食料援助基金、食品安全研究基金) の設立を発表するとともに、食糧資源の利用においては、食はエネルギーより優先されるべきであるとの提言を行いました。 最後に、次の50年に向けて安全、健康、環境、楽しさをさらに訴求し革新を続けてゆくことを確認して、サミットは閉幕しました。

合同記者会見

今回のサミットはマスコミからの注目度も高く、日本を代表する全国紙や通信社の記者、テレビ局のレポーターらが数多く集まりました。また、海外のメディアも多く詰めかけ、活発な質疑応答が行われました。


ページトップへ