menu

第9回 世界ラーメンサミット

2018年8月22日(水) ~23日(木)

概要

日時 2018年8月22日(水) ~8月23日(木)
会場 帝国ホテル大阪
ホストカンパニー 日清食品ホールディングス株式会社
テーマ INNOVATING HAPPINESS FOR 100 YEARS

2018年8月22日(水)、23日(木)において、インスタントラーメン発祥の地である大阪で第9回世界ラーメンサミット大阪が開催されました。発明60周年にあたる今回は、16カ国/地域のインスタントラーメンメーカーや業界関係者などWINA会員企業70社含む208名が参加。

インスタントラーメンの更なる総需要の拡大はもちろん、誕生から100年目を迎える40年後も「人々にHappyをもたらす食事」であるために、どうイノベーションを起こすかを議論しました。


プログラム

1日目
  • 理事会
  • 総会
    マーケットレポート
    ウェルカムディナー
2日目
  • フォーラム
    来賓挨拶
    衆議院議員 自民党政調会長 岸田 文雄

    フォーラム① 「インスタントラーメンの未来」
    世界ラーメン協会 会長、日清食品ホールディングス株式会社 代表取締役社長・CEO 安藤 宏基

    フォーラム② 「世界の歴史におけるインスタントラーメンの役割」
    パシフィック大学(米・加州) 歴史学科教授 Prof. Ken Albala

    フォーラム③ 「新しい時代の新しい文化」
    MIT メディアラボ所長、MIT Media Arts and Sciences教授 Prof. Joi Ito (伊藤 穰一)

    フォーラム④ 伊藤 穰一教授 x 学生オープンディスカッション
  • 次期ホスト発表(インドフード社)
  • 大阪宣言
  • 共同記者会見

開催報告

理事会

世界の主要13社のトップ及び特別会員2団体の代表が一同に会する理事会では、開発5原則に新たに栄養と環境保全の2原則の追加、食の安全・安心部会、CVS/SDGs部会、緊急食糧支援部会の新設等を決定しました。また、大阪宣言に盛り込む内容の議論など、今後のWINA活動強化への取り組みについて活発な意見交換が交わされました。

総会

総会からは正会員も加わり、120名余りが出席しました。WINA安藤宏基会長より、今年は安藤百福氏が1958年に大阪でインスタントラーメンを発明後、60周年という記念すべき年であり、年間総需要1千億食規模まで大きく成長した世界インスタントラーメン業界は、積極的なイノベーションと最新のマーケティングを活かし、人類に「百年幸福」をもたらす食事となることを目指す、と挨拶がありました。総会では世界11の国/地域の代表者によって、それぞれのインスタントラーメン市場の最新状況や課題についての報告が行われました。

フォーラム

フォーラムには、WINA会員各社に加え、賛助会員や招待客ら200名余りが参加。岸田文雄衆議院議員 自民党政調会長が来賓代表として開会の辞を述べられました。WINA安藤宏基会長から、世界人口100億人の時代となる将来を見据え、インスタントラーメンはどうあるべきかについて講演されました。その後、アメリカ・パシフィック大学のケン・アルバラ教授、アメリカMITメディアラボ所長伊藤穰一教授、といった世界的な論客が登壇。インスタントラーメンを含めた加工食品の歴史や、インスタントラーメン業界がIT時代の中で発展すべき方向性について、講演されました。また、伊藤穰一教授と学生16名によるオープンディスカッションも活発な雰囲気の中、実施されました。全てのセッションを通じ、多くの出席者が熱心に耳を傾けられ、質疑応答も活発に行われました。

大阪宣言

地球は近い将来、人口100億人時代を迎えようとしていますが、消費者意識と社会環境の変化に伴い、これまでのインスタントラーメン開発5原則に「栄養」、「環境保全」の2つの要素を新たな原則として加えることとします。インスタントラーメンは人々の心も体も温める「Instant Hot Meal」であるという価値を最大限に活かし、人にも地球環境にも最も優しく、安全・安心に美味しく食べられる食事として存続するために努力を続け、人類の食文化に貢献することを宣言し、サミットは閉幕しました。

合同記者会見

本サミットは各種メディア関係者からの注目度も高く、日本を代表する全国紙や通信社の記者、テレビ局のレポーターが数多く集まり、活発な質疑応答や取材が行なわれました。


ページトップへ