menu

第5回 世界ラーメンサミット

2006年4月11日(火) ~12日(水)

概要

世界に幸せをもたらすインスタントラーメン

日時 2006年4月11日(火) ~4月12日(水)
会場 グランド インターコンチネンタル ソウル
ホストカンパニー Nong Shim Co.,Ltd.

農心 (Nong Shim Co., Ltd.) がホストとなり、韓国・ソウルにおいて第5回 世界ラーメンサミットが開催されました。1人あたりのインスタントラーメン年間消費量が世界一というインスタントラーメン大国に、世界の主要インスタントラーメンメーカーが一同に集まっての大イベントとなりました。初日は各国のトップによる朝食理事会、続いて各国の派遣団約60名による正式会議がありました。2日目には、韓国食品産業協会の朴会長や大島在韓日本大使らの来賓を迎えてのフォーラムが開催されました。韓国の元・文部大臣やソウル大学名誉教授など国内外の著名人6名による講演が行われました。


プログラム

1日目
  • 理事会
  • サミット
    議長交代
    事務局報告
    技術委員会報告
    CFフェスティバル
    カントリー・レポート
2日目
  • カンファレンス
    韓国赤十字への食料寄付報告
    講演1 インスタントラーメンと文化
    Mr. O-Young Lee, Former Minister of Culture Mr. Ryo Sasaki, Journalist of The Asahi Shimbun, Japan

    特別講演 戦略のための10の原則
    Dr. Byung-Nak Song, Professor Emeritus of Seoul National University/ Joint Representative of Citizens United For Better Society

    講演2  インスタントラーメンの安全性と栄養的価値
    Dr. Wan Seob Noh, Professor of Dongguk University

    講演3  インスタントラーメンの未来
    Dr. Suck-Chul Yoon, Chair Professorvof Hanyang University/ Professor Emeritus of Seoul National University WINA会長、日清食品社長 Mr. Koki Ando (安藤宏基)

    ソウル宣言発表
  • 共同記者会見

開催報告

サミット

各国の派遣団約60名による正式会議では、技術委員長 (the Chief of Technical Committee) による安全問題に関する報告があり、2005年の世界総需要、災害時のラーメン基金の設立、ソウル宣言について活発な意見交換がありました。さらに、各国代表による現地のインスタントラーメン市場の現状や問題点の報告会、各社の自慢のコマーシャルを披露するCFコンテスト等が催されました。

展示ブース

各国の展示ブースに陳列された珍しい商品やモニターで流されるコマーシャルを、来場客の皆さんは興味深そうに見ていました。会社案内などのパンフレットを持ち帰り、今後のビジネスに繋げようとする人も数多く見受けられました。

記念講演

約300名の聴衆の前で、IRMAを代表し安藤百福会長 (Chairman) と李相潤 (Sang Yoon Lee) 議長 (Director General) が、韓国赤十字社に対しインスタントラーメン約15万食の目録を贈呈されました。続いて韓国の元・文部大臣やソウル大学名誉教授など国内外の6名の講演がありました。CODEXを視野に入れた高品質な製品作り、災害援助ラーメン基金の創設、安全性確保のための相互協力が、李相潤議長によって宣言されました。

合同記者会見

国民1人あたりの年間消費量が70食を超えるほど、韓国ではインスタントラーメンが食生活に深く根ざしているだけに、韓国を代表する全国紙や通信社の記者、テレビ局のレポーターらが数多く集まりました。また日本など海外のメディアも多く集まりました。


ページトップへ