menu

災害支援活動

世界ラーメン協会 (WINA) は、自然災害による被災者の方々を救援するために、世界中でインスタントラーメンを提供しています。以下に、災害支援活動の一部をご紹介します。


ハイチ ハリケーンマシュー (2016年)

アメリカのWINA会員である米国日清は、2016年10月にハイチを襲ったハリケーンマシューの被災者に、アメリカの非営利団体Hope for Haiti を通じて、約74,000食のインスタントラーメンを無償提供しました。

概要
発生
2016年10月5日
被害地域
ハイチ
被災者
約35万人
犠牲者
800人以上
物資の数量 74,000食
協力企業 Nissin Foods (USA) Co., Inc. (アメリカ)

中国福建省台風 (2016年)

中国のWINA会員である日清食品 (中国) は、2016年7月に中国福建省を襲った台風の被災地にインスタントラーメン計12万食を福建省闽清県民政局を通じて無償提供しました。

概要
発生
2016年7月10~11日
被害地域
中国福建省
被災者
約12万人
犠牲者
約60人
物資の数量 約120,000食
協力企業 日清食品 (中国)

エクアドル地震 (2016年)

アメリカのWINA会員である米国日清は、2016年4月にエクアドルを襲ったマグニチュード7.8の地震の被災者に、アメリカのエクアドル大使館を通じてインスタントラーメン計10万食を無償提供しました。

概要
発生
2016年4月16日
被害地域
エクアドル
被災者
約3万人
犠牲者
600人以上
物資の数量 100,000食
協力企業 Nissin Foods (USA) Co., Inc. (アメリカ)

インド洪水 (2015年)

インドのWINA会員であるインド日清は、2015年末にかけて100年に一度と言われる大規模な洪水に襲われたインド南部のタミルナドの被災者に向けて、インスタントラーメン10万食をタミルナド州政府に無償提供しました。

概要
発生
2015年11月15日
被害地域
インド南部
被災者
約180万人
犠牲者
約400人
物資の数量 100,000食
協力企業 Indo Nissin Foods Limited (インド)

ネパール地震 (2015年)

WINA会員である日清食品グループは、ネパールで発生した地震の被災地にインスタントラーメン20万食を提供しました。被災地域の嗜好や地理的な近接性を考慮し、インド日清からの商品提供となりました。商品は陸路でネパール国境まで運ばれ、ネパールのWINA会員であるC.G.フーズ社の全面協力の下、同社の支援ルートを使って被災者に届けられました。

概要
発生
2015年4月25日
被害地域
ネパール
被災者
約800万人
犠牲者
約9000人
物資の数量 200,000食
協力企業 Indo Nissin Foods Limited (インド)
C.G. Foods (ネパール)

中国雲南省地震 (2014年)

中国のWINA会員である日清食品 (中国) は、中国雲南省で発生した地震の被災地に、インスタントラーメン計3万食を現地の赤十字社を通じて提供しました。

概要
発生
2014年8月3日
被害地域
中国雲南省
マグニチュード
6.5
被災者
約100万人以上
犠牲者
400人以上
物資の数量 約30,000食
協力企業 日清食品 (中国)

フィリピン台風30号 (2013年)

フィリピンのWINA会員であるモンデニッシン社とユニバーサル・ロビナ社は、フィリピン中部を襲った大型台風30号の被災地に、インスタントラーメン計30万食を現地の赤十字社、カトリック慈善団体カリタス等を通じ提供しました。

概要
発生
2013年11月
被害地域
フィリピン中部
被災者
約1,200万人
犠牲者
6,000人以上
物資の数量 約300,000食
協力企業 Monde Nissin Corporation (フィリピン)
Universal Robina Corporation (フィリピン)

フィリピン地震 (2013年)

フィリピンのWINA会員であるモンデニッシン社は、フィリピンとボホール島とセブ島で発生した地震の被災地に、インスタントラーメン20万食を赤十字社を通じて提供しました。

概要
発生
2013年10月15日
被害地域
フィリピン ボホール島、セブ島
マグニチュード
7.2
被災者
約40万人
犠牲者
約200人
物資の数量 約200,000食
協力企業 Monde Nissin Corporation (フィリピン)

インドサイクロン Phailin (2013年)

インドのWINA会員であるインド日清は、インドを襲ったサイクロンPhailin (ファイリン) の被災地にインスタントラーメン計10万食を現地の救援物資調整センターを通じ提供しました。

概要
発生
2013年10月
被害地域
インド 東部沿岸地域
被災者
約100万人
犠牲者
20人以上
物資の数量 約100,000食
協力企業 Indo Nissin Foods Limited (インド)


フィリピン台風12号 (2013年)

フィリピンのWINA会員であるモンデニッシン社とユニバーサル・ロビナ社は、マニラを襲った台風12号の被災地に、インスタントラーメン計30万食を赤十字社、カトリック慈善団体カリタス等を通じ提供しました。

概要
発生
2013年8月
被害地域
フィリピン マニラおよび周辺地域
被災者
約175万人
物資の数量 約300,000食
協力企業 Monde Nissin Corporation (フィリピン)
Universal Robina Corporation (フィリピン)


中国甘粛地震 (2013年)

中国のWINA会員である日清食品 (中国) は中国甘粛省で発生した地震の被災地に、インスタントラーメン計1万2000食を現地の赤十字社を通じて提供しました。

概要
発生
2013年7月22日
被害地域
中国甘粛省
マグニチュード
6.6
犠牲者
95名
物資の数量 約12,000食
協力企業 日清食品 (中国)

ヨーロッパ中部洪水 (2013年)

ハンガリーのWINA会員であるハンガリー日清が、ヨーロッパ中部で起きた洪水の被災地にドイツの政府系救援組織THW、チェコの赤十字社、ポーランドとハンガリーのカトリック教の慈善団体カリタスを通じてインスタントラーメン計10万食を提供しました。

概要
発生
2013年6月初旬
被害地域
オーストリア、スイス、スロバキア、ドイツ、チェコ、ハンガリー、ポーランド
避難者数
約4万人
物資の数量 約100,000食
協力企業 Nissin Foods Kft. (ハンガリー)


中国四川地震 (2013年)

中国のWINA会員である康師傅と日清食品 (中国) は中国四川省で発生した地震の被災地にインスタントラーメン計24万食を提供しました。康師傅は20万食を被災地域の民生局へ無償提供し、中国日清は4万食を成都赤十字社に寄付しました。

概要
発生
2013年4月20日
被害地域
中国四川省
マグニチュード
7.0
犠牲者
約200人
物資の数量 約240,000食
協力企業 Tingyi (Cayman islands) Holding Corporation (中国)
日清食品 (中国)


フィリピン台風24号 (2012年)

フィリピンのWINA会員モンデニッシン社とユニバーサル・ロビナ社は、ミンダナオ島を襲った台風24号の被災地に、インスタントラーメン計30万食を赤十字社等を通じ提供しました。

概要
発生
2012年12月
被害地域
フィリピン南部ミンダナオ島
犠牲者
1,000人以上
被災者
約547万人
物資の数量 約300,000食
協力企業 Monde Nissin Corporation (フィリピン)
Universal Robina Corporation (フィリピン)


フィリピン洪水 (2012年)

フィリピンのWINA会員であるモンデニッシン社とユニバーサル・ロビナ社は、マニラおよび周辺地域で発生した洪水の被災地にインスタントラーメン計20万食を赤十字社等を通じ提供しました。

概要
発生
2012年8月
被害地域
フィリピン首都マニラおよび周辺地域
犠牲者
650人以上
避難者
2,400,000人以上
物資の数量 200,000食
協力企業 Monde Nissin Corporation (フィリピン)
Universal Robina Corporation (フィリピン)


フィリピン台風21号 (2011年)

フィリピンのWINA会員モンデニッシン社とユニバーサル・ロビナ社は、ミンダナオ島を襲った台風21号の被災地にインスタントラーメン計30万食を赤十字社等を通じ提供しました。

概要
発生
2011年12月
被害地域
フィリピン南部ミンダナオ島
犠牲者
1200人以上
物資の数量 約300,000食
協力企業 Monde Nissin Corporation (フィリピン)
Universal Robina Corporation (フィリピン)


タイ洪水 (2011年)

タイのWINA会員タイプレジデントフーズ社は、王立の福祉財団で災害支援活動を行っているチャイパタナ財団に対して109,980食、救助・防災活動に当たっているタイ海軍に対して90,000食、計約20万食のインスタントラーメンを提供しました。

概要
発生
2011年7月下旬から
被害地域
タイ北部・中部を中心とした広域
犠牲者
560人以上
避難者
880万人以上
物資の数量 約200,000食
協力企業 Thai President Foods P.C.L (タイ)


東日本大震災 (2011年)

WINA会員である日清食品ホールディングス株式会社の協力を得て、インスタントラーメン20万食の支援をしました。津波と火災で甚大な被害があった気仙沼の市役所や高校、被災者支援の拠点になっている宮城県消防学校を通じ被災地に提供しました。

概要
発生
2011年3月11日
被害地域
東日本エリア
マグニチュード
9.0
犠牲者
15,000人以上
避難者
100,000人以上
物資の数量 200,000食
協力企業 日清食品ホールディングス株式会社 (日本)


ブラジル洪水 (2011年)

ブラジルのWINA会員である日清・味の素アリメントス社は、リオデジャネイロおよび周辺地域で発生した洪水の被災地にインスタントラーメン2万8,800食を赤十字社を通じ提供しました。

概要
発生
2011年1月
被害地域
リオデジャネイロ及び周辺地域
犠牲者
700人以上
避難者
200,000人以上
物資の数量 28,800食
協力企業 Nissin-Ajinomoto Alimentos Ltda. (ブラジル)

ハンガリー洪水 (2010年)

ハンガリーのWINA会員であるハンガリー日清は、特に被害の大きかったEdeleny市に対してインスタントラーメン1万食を提供しました。

概要
発生
2010年5月末から6月初旬
被害地域
ハンガリー北部及び周辺地域
避難者
20,000人以上
物資の数量 10,000食
協力企業 Nissin Foods Kft. (ハンガリー)


中国青海省地震 (2010年)

中国のWINA会員8社は、インスタントラーメン計55万食を被災地へ提供しました。日清食品 (香港日清・広東日清・上海日清) 、永南食品と珠海永南食品は赤十字社を通じて支援、また、康師傅、白象食品と今麦郎は被災地に近い工場より出荷し、青海省の民政庁を通じて救援物資を被災者に届けました。

概要
発生
2010年4月14日
被害地域
中国青海省チベット族自治州
マグニチュード
7.1
犠牲者
2,000人以上
物資の数量 約550,000食
協力企業 Tingyi (Cayman Islands) Holding Corporation (中国)
Baixiang Group (中国)
Guang Dong Shunde Nissin Food Co.,Ltd. (中国)
Jinmailang Foods Co.,Ltd. (中国)
Nissin Foods Co.,Ltd. (香港)
Shanghai Nissin Foods., Ltd. (中国)
Winner Food Products Ltd. (香港)
Zhuhai Golden Coast Winner Food Products Ltd. (中国)



ハイチ地震 (2010年)

被災国の近隣に位置するアメリカとブラジルのWINA会員である米国日清と日清・味の素アリメントス社はハイチで発生した地震の被災地に、民間支援団体及び政府機関を通じてインスタントラーメン計12万8,000食を提供しました。

概要
発生
2010年1月12日
被害地域
首都ポルトープランス及び周辺地域
マグニチュード
7.0
犠牲者
20万人以上
物資の数量 128,000食
協力企業 Nissin Foods (U.S.A.) Co.,Inc. (アメリカ)
Nissin-Ajinomoto Alimentos Ltda. (ブラジル)


フィリピン台風16号・17号 (2009年)

フィリピンのWINA会員であるモンデニッシン社とユニバーサル・ロビナ社は、マニラおよび周辺地域を襲った台風16号・17号の被災地に、赤十字社等を通じてインスタントラーメン計30万食を提供しました。

概要
発生
2009年9月、10月
被害地域
首都マニラ及び周辺地域
犠牲者
800人以上
物資の数量 約300,000食
協力企業 Monde Nissin (フィリピン)
Universal Robina Corporation (フィリピン)


スマトラ沖地震 (2009年)

被災地の食糧難に迅速に対応すべく、周辺地域のWINA会員3社は計30万食を提供しました。インドフード社は被災地に配給所を設け直接被災者にインスタントラーメンを配りました。ネスレ社とニッシンマス社は災害支援局 (MRA) 等の政府機関を通じ、被災地にインスタントラーメンを空輸しました。

概要
日時
2009年9月30日
震源
パダン周辺
マグニチュード
7.6
犠牲者
1,000人以上
物資の数量 約300,000食
協力企業 PT. Indofood Sukses Makmur Tbk (インドネシア)
Nestlé Products Sdn. Bhd. (マレーシア)
PT. Nissinmas (インドネシア)



インド ビハール州 洪水 (2008年)

WNA会員であるインド日清はインドのビハール州の洪水で甚大な被害を受けた被災地に、赤十字社を通じてインスタントラーメン7万8,000食の提供をしました。

概要
発生
2008年8月
被害地域
インド北東部ビハール州
犠牲者
1,000人以上
物資の数量 78,000食
協力企業 Indo Nissin Foods Ltd. (インド)

中国四川地震 (2008年)

WINA会員4社が、中国国内各地の工場より四川大震災の被災地へインスタントラーメン計70万食を提供しました。

概要
発生
2008年5月12日
被害地域
中国四川省
犠牲者
65,000人以上
物資の数量 700,000食
協力企業 Tingyi Holding Corp (中国)
Nong Shim (韓国)
Jinmailang Foods (中国)
Shanghai Nissin Foods (中国)


ミャンマーサイクロン (2008年)

2008年5月にミャンマーで発生したサイクロンの被災地に、緊急食料としてインスタントラーメン30万食を提供しました。
WINA会員であるタイのタイプレジデント社がミャンマー国内に持つ同社の工場より出荷。また、同じくWINA会員であるベトナムのエースコック社は海路で供給しました。
2008年4月に設立した「WINA災害食料救援基金」の初の使用となりました。

概要
発生
2008年5月
被害地域
ミャンマー南部
犠牲者
100,000人以上
物資の数量 300,000食
協力企業 Thai President Foods (タイ)
Acecook Vietnam (ベトナム)


フィリピン台風21号 (2006年)

台風21号によって多大な被害を受けたフィリピンの方々に約10万食のインスタントラーメンを送りました。
WINA会員であるユニバーサル・ロビナ社 (フィリピン) が現地の関係機関と連携し、インスタントラーメンの配付・提供にあたり、被災者に直接届けることができました。
受入機関としてロータリークラブと、地方政府機関及び災害支援調整センターの協力を得ました。

概要
発生
2006年11月
被害地域
フィリピン中部 ルソン島南部アルバイ州
犠牲者
約1,500人
物資の数量 約 100,000食
協力企業 Universal Robina Corporation (フィリピン)


ジャワ島中部地震 (2006年)

インドネシア・ジャワ島で起きた大地震の被災地に対しインスタントラーメン計18万食を送りました。インドネシアのWINA会員であるインドフード社、および同社と日清食品の合弁会社のニッシンマスが、それぞれの商品を提供しました。インドフード社が被災地に設置した8ヶ所の配給所にて被災者へ直接提供しました。

概要
日時
2006年5月27日
震源
インドネシア ジャワ島中部 ジョクジャカルタ市周辺
マグニチュード
6.2
犠牲者
6,000人以上
物資の数量 約187,000食
協力企業 Indofood (インドネシア)
PT.Nissinmas (インドネシア)


パキスタン地震 (2005年)

マレーシアのWINA会員であるネスレ社は、パキスタン北部で発生した大地震被災地にインスタントラーメン約10万食を提供しました。この大規模な地震はパキスタンカシミール地方、インド北部、アフガニスタンに及び、多くの町や村を壊滅的な状況に陥れました。 パキスタンは災害救援システムに乏しく、軍でさえも状況に対処できないという混乱した状況に加え、イスラム圏ということで、ハラール製品を提供しなくてはなりませんでした。 ネスレ社の協力によりハラールのインスタントラーメンを被災者に届けました。

概要
日時
2005年10月8日
震源
パキスタン北東部カシミール地方
マグニチュード
7.6
犠牲者
約70,000人
物資の数量 約108,000食
協力企業 Nestlé (マレーシア)


米国ハリケーン被害 (2005年)

概要

「カトリーナ」

発生
2005年8月
被害地域
ルイジアナ、ミシシッピ、アラバマ各州

「リタ」

発生
2005年9月
被害地域
テキサス州
犠牲者
約2000人 (双方合わせて)
物資の数量 約53,000食
協力企業 Maruchan (アメリカ)
Nissin Foods (アメリカ)


スマトラ沖地震およびインド洋津波被害 (2004年)

概要
日時
2004年12月26日
震源
インドネシア スマトラ島北西沖
マグニチュード
9.3
犠牲者
約230,000人
物資の数量 約182,500食
協力企業 Indofood (インドネシア)
Saha Group (タイ)

ページトップへ