menu

WINA食品安全会議 2014

2014年11月24日(月) ~25日(火)

概要

日時 2014年11月24日(月) ~25日(火)
会場 Shangri-La Hotel Singapore

11月24日(月) ~25日(火)の2日間にわたってシンガポールでWINA食品安全会議が開催されました。WINA会員のインスタントラーメンメーカーのトップや品質保証担当者など16の国や地域から総勢98名が集まり、食品安全問題について話し合いました。


プログラム

1日目
  • 理事会
  • 開会式
  • 基調講演
    「食品に影響を与えるグローバルトレンド」
    元FDA食品部門最高責任者 Dr. David Acheson
  • セッション1
    「インスタントラーメンのポジティブイメージ確立に向けて」
    康師傅 中央研究所所長 (CTO) Mr. Richard Chen (陳應讓)
  • セッション2
    「インスタントラーメンにまつわる危害物質の現状と対応」
    日清食品ホールディングス 食品安全研究所所長 Dr. Toshihiro Yamada (山田敏広)
  • セッション3
    「減塩への取り組みの方向性」
    タイプレジデント 社外役員 Dr. Visith Chavasit

    「韓国インスタントラーメン業界の減塩に対する取り組み」
    農心 海外事業部常務 Mr. Yong Jae Lee
2日目
  • セッション4
    「栄養面からの考察」
    ネスレ インドR&Dセンター所長 Mr. Joshi Parminder Singh
  • セッション5
    「ブランドオーナーとしてのフードディフェンス」
    日清食品ホールディングス チーフ・プロダクション・オフィサー Mr. Yasuhiro Yamada (山田恭裕)
  • WINA会長による総括

開催報告

理事会

初日の朝に開催された理事会では、今後のWINAイベントの考え方についてWINA会長より提案がありました。今後のWINAのイベントの方向性として、2年に1度食品安全やESG※1に関わる問題を議論する食品安全会議と、WINA理事会社がPRを目的として主催するサミット※2の2つの併用案が示されました。また、WINA災害食料救援基金に中国の康師傅から10万ドル、同じく中国の白象食品から5万ドルの寄付があったことが報告されました。WINA食品安全研究基金については今後より有効的に活用していくことが提案されました。

※1 Environmental, Social, Governance
※2 理事承認が必要となる

本会議

安藤WINA会長の開会の辞で始まった本会議は、元米国FDA食品部門最高責任者のデイヴィッド・アチソン博士による基調講演、食品安全をテーマにしたセッションと続きました。各セッションでは、有害物質の最先端研究や減塩への取り組みなどインスタントラーメン業界が直面している食品安全問題についてWINA会員企業によるプレゼンテーションおよび意見交換が行われ、活発な議論が交わされました。

最後に、安藤WINA会長が総括として「一社がミスを起こすと総需要の低下を招くため初動は最も大切である。食品安全と減塩、栄養に関するガイドライン作りは非競争分野として業界全体で取り組んでいくべき問題である」と締めくくりました。


ページトップへ